藤井 大基 2007年入社 所属部署:製造部 試作課 出身学科:中部大学 工学部 機械工学科

1学生時代に勉強していたこと

1.学生時代に勉強していたこと

機械工学を専攻し、機械設計等に必要な工業・材料・流体力学や、図面の描き方、金属の組成などを幅広く学びました。その中でも金属加工の実習が好きでした。決して上手ではなかったですが、金属加工・モノづくりの楽しさを知りました。卒業研究では「自動車のマニュアルトランスミッションの研究」を行いました。トランスミッションを分解し、構造を調べ、図面に起こします。トランスミッション内部にはさまざまな工夫が凝らされており、技術者の卵だった自分にとり、大変勉強になりました。

2イナテックへの入社動機

学生時代に希望していた企業の条件は、金属加工業であること、自動車関連の企業であることの2点でした。条件に合う企業が数多くあり、絞り込めずにいた中で出会ったのがイナテックです。説明を受け、仕事や加工に対する熱い思いを感じました。また、イナテックには試作という部署があり自動車レース用の部品加工も行っていることを知りました。社長自ら現場の清掃をほぼ毎日行っている社風にも興味を持ちました。入社にあたっては、西尾市という土地に初めて住むことになりましたが、不安よりもワクワクした気持ちが大きかったことを覚えています。

3現在の仕事内容

3.現在の仕事内容

メーカーさんからの試作品の製作依頼に対し、プログラムの作成、加工機を使っての加工、製品測定まで一貫して行っています。ひとくちに金属加工と言っても、試作で加工する製品は毎日のように変わります。材質や加工方法もさまざまです。さらには、切削に使用する刃物や各加工機の特徴も多種多様です。私はまだまだ経験が足りず、先輩の知識・技術・仕事のスピードに圧倒される毎日ですが、わずかでもうまく加工できた時には、ホッとすると同時に嬉しい気持ちになります。

センパイ一覧へ

せんぱい―特集【センパイPROFILE】

新明解!!イナテック大辞典 イナテックの技術・社風・働き方を完全収録!

目次